離婚に関する相談

士業

最近離婚が多くなってきました。それにともない離婚専門の弁護士も増えていっています。離婚問題は当事者だけでは上手く進めることができない場合も多く、その際に仲介役として弁護士が活躍します。

詳細を確認する...

相続について

裁判

遺産相続の際に相続税の支払い義務が生じるケースがしばしばあります。これまでは控除額が大きかったので、かなりお金持ちでない限り、相続税のことを心配する必要がありませんでした。

詳細を確認する...

プロに依頼をする

法律

相続は、人生の中でそう何度も起こるような出来事ではありません。相続人の立場に立つのは生まれて初めてという人が大半で、何から手をつけてよいのかわからず右往左往してしまうケースが多いです。

詳細を確認する...

相続の手続き

遺産は使うためには相続手続が必要です

士業

相続手続をする前に銀行口座をはじめとして亡くなった人の名義であるものは、すべて名義を変更しなければ使ってはいけません。もしも名義変更をする前に銀行からお金をおろしてしまったりすると、その時点で単純相続をしたとされる可能性があります。それがたとえ故人のお葬式のためだったとしても亡くなった人の名義のものを相続手続を使うことはトラブルの原因になります。 相続手続きをする場合には、まず故人をはじめ法定相続人すべての戸籍謄本が必要です。相続手続ではどのような手続きを行うとしても基本的に戸籍謄本で故人と法定相続人の関係を確認するからです。 特に銀行などの金融機関の場合は慎重ですから、戸籍謄本などで判断される法定相続人全員の署名と押印を求められたりします。また、相続放棄も同様で、期限内に相続専門に提出しましょう。

遺産相続や相続の税金などの相続手続に類似するもの

遺産相続の手続きや相続の税金の額を算出する一連の流れを相続手続きと言います。何かと重要な相続手続きですが、類似のサービスとして以下の様なものが存在します。 まず挙げられるのが遺言書の作成です。これは予め遺産を誰が相続するのかを遺言書に記載しておくことで、相続人同士が揉めるのを防いだり、相続税を予め算出することが可能です。この手続は弁護士や税理士、司法書士などが行うことが多いです。 次に挙げられるのが贈与手続きです。これは相続手続きよりも先に贈与として手続きをすることで、相続発生前に財産の一部を移しておくことを指します。この手続をすることで、相続発生時に相続税を納める必要がなくなることがあります。ただし多くの場合で贈与税率のほうが高額となるため注意が必要です。 相続手続きや上記の手続きを比較検討し、自身の状況にあった手続きを行うことが重要です。

刑事事件と離婚問題

刑事事件や離婚問題などは弁護士に相談することが出来ます。相談は無料で行われているので、弁護士の相談会に参加しましょう。